ぶさえもん、ウーバーイーツに挑戦

ぶさえもん、ウーバーイーツに挑戦

みなさまお疲れ様です。

以前寝ている間の思い付きでふいに

あ、ウーバーイーツやってみよう

と思いついたので、とりあえず先日一通りの準備を整えて登録を済ませました。

まだ2回しか稼働しておらず、正直全く稼げているとは言えない状態ですが、ある程度試行錯誤すれば休みの日の副業にはもってこいかなと思ったので、シェアします。

①ウーバーイーツのメリット

・対人ストレスがほぼ無い

…以前から言われていることですが、人と接するのは飲食店で料理を預かる時と、預かった料理をお客様に渡すときのみです。お客様によっては「玄関先に置いてください」などの指示があることもあります。その場合はウーバーイーツのアプリ上から料理を置いたところを写真に撮り、送信すればOKです。つまり、人と関わるのは1回の配達で平均3分もありません。毎日職場で苦手な人に会いに行く時の、胸やお腹あたりにくるあのイヤーな感覚に襲われることはまずないです。

・気の向いたときにできる

…事前にシフトを提出する必要もなく、いつ出退勤するのも自由です。ウーバーのドライバー用アプリで「出発」というボタンがあるので、それを押せば出勤扱いです。退勤も同様です。発達障害の当事者である僕たちにとって、これが最大のメリットかもしれません。肉体的精神的にしんどい時は気軽に休める(出発ボタンを押さなければいいだけ)し、気分が乗っているときはいくらでも頑張れます。

ウーバーイーツのアプリの説明

・専門的な知識が何もいらない

…ただ料理を預かって渡すだけなので、料理に関して専門的な知識や資格などは何も要りません。

・最低限必要な道具の初期投資が比較的安価

…自転車、ウーバーイーツ用のバッグ、携帯、モバイルバッテリーがあればとりあえず始めることが出来ます。もちろん、こまごましたモノは必要になりますが、それはより詳しく扱っているブログが沢山あるので、そちらを参照したほうがよいでしょう。ちなみに僕が追加で必要と考え用意したのは、緩衝材と、バッグの底に敷く滑り止めのシートです。緩衝材がいる理由は、料理が1、2人前とか少なめだと、バッグの空洞が大きすぎて運搬中ガタガタ揺れるたびにシェイクされてしまうので、中身をしっかり固定するためです。

 

②ウーバーイーツのデメリット

・東京、大阪以外でやるなら、中心地に住んでいない人は正直不利

…僕は名古屋市のかなり外れの方に住んでいるのですが、初日はいろいろビビっていたので家の近くから少しずつ自転車で周回してみました。しかし、待てど暮らせどオーダーが入らない(´;ω;`)結局初日は一件配達したのみで、売り上げはたったの407円でした(;´Д`)笑 

ウーバーイーツの売上

2日目は夕方遅めの時間から名古屋駅の辺りを移動していたら、6件ほど受注することができました。名古屋駅近辺に来るまでにあちこち田舎道を2時間ほど無駄にウロウロしてしまったので、そのロスが無ければ全然もっといけたと思います(;´・ω・)

ウーバーイーツの売上

関東方面は分かりませんが、名古屋などのだだっ広い街は、名駅や栄などの中心地の方にかなり近寄らないと注文が入らないのは間違いありません。(配達用車両に自動車を選んでいる人は別かも)

 

・配達用車両はなんでも良いわけではない

…車、原付以外のバイクで配達する場合は、事業登録をした黒緑ナンバーの軽貨物車扱いのものでなければいけません。登録すること自体は適合車両なら運輸局に行って手続きすればいいので簡単ですが、正直そこまでするメリットはないように思います。というかお勧めしません。理由は次に述べます。

 

・バイクや車は早くて便利だけど・・・

…ウーバーイーツはバイクや車でも配達可能です。しかし、グーグルマップのGPS機能がそこまで精確ではないため、結構頻繁に道を間違えてしまうことがあります。現在地が微妙にずれていたり、アサッテの方向を向いていて逆方向に行ってしまうことも多々あります。

名古屋の中心部のように片道3、4車線とか道路がやたらデカくて抜け道が一方通行ばかりだと、道を間違えた時に時間を大きくロスする可能性があります。原付の場合も、小回りが利くからと言って慌てて一通を逆走したりと、交通違反を犯しかねないので注意しないといけません。

そして、車で登録をするとかなり長距離の配達を依頼されることがあるようです。僕は自転車登録なので極端な長距離はありませんが、友人は相当な距離(春日井市から名古屋市北区(約16km!!))を移動したと言っていました。

 

・一度配送に使う車両をアプリに登録したら、変更がめんどくさい

…ウーバーで唯一融通が利かないなと思うのは、配達車両を日によって柔軟に変えられないという点です。一度アプリに自転車と登録してしまったら、変更申請をかけないと軽貨物の自動車やバイクで運搬することはできません。万が一ウーバー側に黙って登録車両と違う種類の乗り物で運搬した場合、事故やトラブルは一切自己責任になり、なんのサポートも受けられないばかりか、最悪の場合アカウントを停止される可能性があるので絶対にやってはいけません。

ちなみに、GPSの移動の仕方である程度車両の移動スピードを把握されているそうなので、自転車登録なのに車で配達したりするとバレるらしいです。

 

・まとめ

ウーバーイーツは地方によっては正直あまり稼げなかったり、中心地にドライバーが密集してしまい案件の取り合いになってしまう可能性があります。時間帯によっては、ほとんど注文を受けられないこともあるかもしれません。

名古屋も、渋谷や新宿に比べたらホットスポットではないと思います。

しかし、僕たちのような発達障害の当事者にとっては、競合もまだ多くない地方のウーバーイーツはそこそこねらい目だと思います。専業でやれるような収入は相当難しいかもしれませんが、お小遣いや貯金の増加には間違いなく寄与してくれると思います。

僕もまだ2回しかやっていないので何も偉そうなことは言えませんが、また面白い続報が出てきたらすぐシェアしたいと思います。

これからも皆さんにとって有益な情報をどんどん提供していきます。

応援よろしくお願いいたします!

 


発達障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村