起立性調節障害

1年ぶりのBスポット治療

みなさまお疲れ様です。 少し前から睡眠の質がやや落ちているなと感じていたので、ちょうど一年ぶりに家の近くの耳鼻科で「Bスポット治療」を受けてきました。 <第5回目>※マジで重要※ ある病気が発達障害を悪化させる 一番最初の頃にブログで書いた記事ですが、僕は「慢性上咽頭炎」というノドの病気を持っています。 この病気は何が恐ろしいかというと、 この病気が原因で起きる症状をいくら分析しても、なかなか慢性 […]

より質の高い呼吸をするには?

みなさまお疲れ様です。 みなさまは日中体が重かったり、今と関係ないことでものすごくイライラしてしまう、朝起きると体がしんどくて動けるようになるまで時間がかかるという方はいますか? 詳しい血液検査をしても内臓に特に疾患が見つからず、いたって健康体の場合、自律神経失調症と診断されることがあります。これは交感神経と副交感神経のバランスが上手く取れなくなることで起こります。 エネルギーを出したいときに出せ […]

<第100回目>睡眠負債をうまく返すには?

みなさまお疲れ様です。 いつも睡眠はしっかりとれているでしょうか? 最近天気が悪かったり、季節の変わり目で体調がすぐれない方が多いと聞きます。特に鬱が重たい人や、発達障害の当事者の方が心配です。 今日は、睡眠に関することを少し考察したいと思います。 精神疾患に苦しむ方のほとんどが、不眠や過眠など、睡眠障害の経験があると思います。 僕の場合は慢性上咽頭炎や重度のアレルギー性鼻炎、ストレスなどで睡眠の […]

<第96回目>何を鍛えたら体力は上がるか

みなさまお疲れ様です。 今回は主に男性向けの話になりますが、少々シモの話を交えて体力についての考察をします。(もちろん真面目です、大真面目です。) 男性の場合、体力の衰えを感じる瞬間の一つに、性行為の際の男性器の反応が挙げられますよね。中学生の頃とか、サルのように自慰行為を行っても次の日はケロッとしていたのに、30歳を過ぎるとかなり変化がわかりやすくなります。 まず朝起きても勃起を伴わなくなってく […]

<第88回目>マニアックなサプリメントは必要か?

みなさまお疲れ様です。 このブログを読んでくださっている方の中には、僕と同じ発達障害の当事者の方もたくさんいらっしゃるかと思います。 発達障害専用の薬(コンサータ、ストラテラ、インチュニブなど)は飲んでいなくても、ADHDの方のためのサプリメント(DMAE、ホスファチジルセリンなど)を使っている方はいるかもしれません。 今回は発達障害のことではなく、「体力の回復」という観点から大切なサプリメントは […]

<第75回目>起立性調節障害についてより詳しく解説してみた

みなさまお疲れ様です。 前々回、発達障害とよく間違われる病気として、起立性調節障害を取り上げました。 この前はサクッと病気の分かりやすい部分の解説しかしていませんでしたので、今回はより詳しくお話します。 <参考><第73回目>発達障害と似た病気:起立性調節障害 なぜ複数回取り上げるかというと、この病気は発達障害、鬱、貧血、HSPなどと本当によく似た症状でありながら、血圧から具体的な数値として病気と […]

<第73回目>発達障害と似た病気:起立性調節障害

みなさまお疲れ様です。 みなさまは朝目覚まし時計が鳴った瞬間にバチンと起きられるタイプでしょうか? ドラマみたいにカーテンをバサッと開けて伸びとかします?(笑) 午前中からギア全開でアクティブに仕事をバリバリこなせる方でしょうか?   僕は全く逆でした。最近は咽頭炎の治療だったり、糖分の取り方を工夫したおかげでだいぶ軽減されましたが、特に大学卒業直後の銀行員時代は最悪でした。 当時は朝目 […]