受験勉強

1/2ページ

久しぶりの知恵熱

みなさまお疲れ様です。 今日はものすごい久しぶりに人に英語教えてきました。 <参考>ぶさえもん、夜の蝶の家庭教師になるの巻 相手側の希望で、カラオケ屋で勉強することにしたんですが、案の定微熱が出ました(;´・ω・) 大昔に家庭教師や塾講師をやっていたので気を付けていたんですが、人に話をする仕事って頭で考える以上にエネルギーを使いますね💦   とりあえず重症化する前にグルタミンとビタミンC […]

教育格差拡大へのカウントダウン

みなさまお疲れ様です。 この丸2日間、突然ワードプレスのRSSが消えてしまったおかげでブログサークルへの更新が反映されず、泣きそうになりながら復旧作業をしておりました。   もうちょっとでキーボードクラッシャーになるところだった…(;´・ω・)   今日は大学入試の変革について。 僕の中ではかなりヤバい事態だなと思ったので、今中高生のお子さんがいらっしゃる方に警鐘をならす目的で […]

宿題について

みなさまお疲れ様です。 少し前から、youtubeではメンタリストDaiGoさんの「宿題は無意味」という動画が、引用論文の読み違えを指摘されて炎上しています。 細かい経緯は、えらいてんちょうさんやSDGsマンさんが言及しているのでそちらを参考していただくとして、今回僕が思ったことを書きたいと思います。 確かに、ぱっと見だと宿題は役に立たない!っていう意見に賛成したくなります。僕も子供の頃、好きでも […]

速読法?そんなのないってば(;´・ω・)

みなさまお疲れ様です。 以前も結構辛辣に書いた話なのですが、速読法なんてないよという話。 <参考><第16回目>速読法は粗読法に名前を変えたほうがいい 前回はテクニックとしての速読法などなんの意味もないという話をしました。1ページ数秒でパラパラ漫画のようにめくって、中身を正確に吸収することができるなら、なぜいまだに本の早読み法しか教えられないの?(笑)という話です。 今回は速読法の批判だけでなく、 […]

決めたことが長続きしない時は?

みなさまお疲れ様です。 よほど意志が強くて優秀な人以外、誰でも一度は経験があると思うのですが、 自分で決めたことを貫徹できないことってありませんか? もちろん、僕も何回も挫折しています。正直完ぺきにやりきれていると胸を張れることはそう多くありません。   療育やアームレスリングの為のトレーニングだったり、サプリメントの勉強など人のために手を抜いてはいけない部分は欠かさず行っていますが、そ […]

ぶさえもん、夜の蝶の家庭教師になるの巻

みなさまお疲れ様です。 今日はライフハックとかおすすめサプリの紹介ではなく、近況報告があります(;´・ω・) 最近ほとんど触れていませんが、僕は銀行を逃げるように辞めたあと、ホストやキャバクラのボーイなど夜の仕事をいろいろ経験しました。多少の興味と、アスペの克服には人しか商材の無い世界が最適だろうと考えたのが始めた理由です。今考えればようやったなと思います(;´・ω・)笑 <参考><第11回目>マ […]

<第87回目>大人になってからも使える暗記法

みなさまお疲れ様です。 突然ですが、いまから挙げる著名人に共通する点が何かわかりますか? ・ルートヴィヒ・ヴィトゲンシュタイン(オーストリアの哲学者。) ・スティーブン・スピルバーグ(言わずと知れた世界で最も有名な映画監督。) ・アルバート・アインシュタイン(相対性理論を生み出した超天才。) ・ジョン・フォン・ノイマン(現代コンピュータの基礎を作り、ゲーム理論を作った史上最高の頭脳ともいわれる。別 […]

<第82回目>学歴は本当にオワコンか?

みなさまお疲れ様です。   今日は発達障害当事者の中でも、受験勉強を控えている学生の方、もしくはそういうお子さんをお持ちの方に向けて発信していこうと思います。   みなさまは不登校YouTuberのゆたぼん君という男の子をご存知でしょうか? 少し前に、「学校に行くのが嫌なら行かなくてもいい、いじめられて自殺してしまうくらいなら命を守る選択をしよう」という動画を投稿して、賛否両論 […]

<第38回目>実はつらい感覚鈍麻:個人の特性に合わせた教育をしてほしい

みなさまお疲れ様です。 以前少しお伝えしましたが、僕は発達障害の症状の中で、感覚鈍麻というものがあります。 ASDの方のブログをいろいろ見ていると、感覚過敏の方の説明は非常に多いのですが、感覚鈍麻に関しては少ないように感じます。 実は感覚鈍麻も相当な不便を抱えています。 感覚過敏でしたら外出時にサングラスをかけたり、机にパーテーションを置く、耳栓をするなどして感覚を遮断するという明確な対策を取るこ […]

<第36回目>お子さんに家庭教師を付けたり、塾に行かす前に確認したいこと

みなさまお疲れ様です。 前回の続きからの話になりますが、 僕は早稲田大学の第一文学部(今は統廃合があり名称が文化構想学部、文学部の二つになっています)に入学し、しばらくの間アルバイトで家庭教師をしていました。 和田秀樹先生の本の教え通り、「受験勉強なぞただの暗記、最初に骨組みさえ理解すれば後は暗記に耐えるだけで点数は上がる」 「点数が上がれば必然的に見える景色は変わり、やる気は出る」と常々説いてい […]