<第15回目>たんぱく質は何から摂ればいい?※主観あります

NO IMAGE

みなさま、お疲れ様です。

台風とか低気圧とか非常に憂鬱ですね。洗濯ものが綺麗に乾かないのでテンション下がります(;´・ω・)

今日は発達障害を克服していくうえで重要な、食事についてです。

発達障害当事者の方は、基本的に非常にまじめな方が多く、ご自身でも症状に合わせたサプリメントをたくさん摂取している方も多いと思います。

僕も一時期一度に15種類近く飲んだり、月に数万円使って実験したことがありました。亜鉛などいい効果が顕著に表れたごく一部のサプリ以外、それによって反芻思考を抑え込んだり、体が嘘のように軽くなるといったことは正直ありませんでした。

散々鬼のように試した挙句、最近の結論はめっちゃシンプルになりました。

え?基本は卵と肉食えばいいんじゃね?

ということです。

すごく乱暴に聞こえますし、根拠も僕の主観が入っているので納得いかない方はスルーしていただいてもかまいません。

今までずっと不思議だったのが、アメリカのプロボディビルダーの私生活を撮影した動画を何本も観ていて、なんでこの人たちは自炊するんだろう?ということです。

だって、アメリカ製のプロテインなら付属スプーン1杯で20グラム以上のたんぱく質を取れるわけです。20グラムのたんぱく質って、牛肉100グラムくらい食べないと吸収できないので、ボディビルダーに必要な体重g×3倍以上のたんぱく質を肉で毎日摂ろうとしたら、死ぬほど食わないとだめです。

無駄を嫌う合理主義のアメリカ人プロビルダー達なら、たんぱく質の摂取をすべてプロテインにして、朝早起きして自炊せずに少しでも睡眠とればいいのに、と思うわけです。消化もプロテインのほうが早いわけですから、胃の負担も普通に考えれば楽なはずです。

ですが、現実は山のようにデカい男たちはきちんと自分で白身のオムライスや、鶏肉を一生懸命調理して食べています。オリンピアや日本トップクラスで活躍する一流ビルダーの方たちはみな例外なくそうしています。

無駄なことをしていたら勝てるわけない厳しい世界にいる人たちが、わざわざそうして自炊しています。

中にはプロテインを摂らない方すらいます。北村克哉さんなどはプロテインを摂っていないと公言しています。

この事実から、たんぱく質は本来は通常の食事でとるのが、基本的にはベストだということがわかります。どうしても摂りきれない分だけプロテインで摂るような意識でいいと思います。

お肉を毎日焼いたりするのはめちゃくちゃお金がかかるので、僕は最近一日二つほど温泉卵を食べるようにしています。これが不思議で、胃が全然もたれないんですよね。

主観ではありますがプロテイン飲みまくると、整腸剤、善玉菌サプリを飲んでも腸内環境の整備が追い付かないのか異常なほど屁が臭くなります。また、当然そんな状態だとお腹にガスがたまって張ってくるので、気分も悪くなってきます。

僕には卵や肉で食べたほうが調子が出るのかもしれません。特に温泉卵はお勧めです。やわらかく軽いので、ツルっと食べられます。たんぱく質以外にもビタミンBなども豊富にありますので、完全食品といわれるだけあります。

よほど体が弱っている人以外、卵と亜鉛、ビタミンC,Dサプリで食事の補助に関しては十分なのではないかとすら思います。

もし卵アレルギーの方でしたら、鯖缶や鮭缶など、良質の魚オイルも摂れる食材もスーパーで割と安価に手に入ります。なるべく自分の舌の好みに合ったものでいいので、食品から栄養を摂る努力をしたほうがいいように思います。

あまり何グラム摂らねばならない、とか思い詰めるより、普通の食事でいいので栄養価の高く、スーパーで当たり前に買えるものを食べましょう。

ボディビルダーの食事風景は非常に参考になります。時間があるとき北村克哉さんや、リッチピアーナさんの動画をご覧になってみてください。

今世の中は洪水のようにたくさんの情報であふれかえっていますが、真実はシンプルです。末節の情報は常に淘汰されていくので、本質を見失わないようにしましょう。

これからも皆さんにとって有益な情報をどんどん提供していきます。

応援よろしくお願いいたします!


発達障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村