トレーニング

1/5ページ

不快指数の上昇に耐える方法

みなさまお疲れ様です。 最近かなり暑くなってきましたね。 コロナの影響もあり、暑い中職場でマスクの着用を余儀なくされている方が多いと思います。 ただでさえ暑いのに、息苦しくなるといつも以上にイライラしやすくなるのも仕方ないでしょう。 今回はそういった不快指数が高い状態が続くときに、どうやって怒りゲージを限界突破させないかについて書いていきます。   先にズバリ言うと、不快指数を下げる、も […]

筋トレがどうしても続かない人へ

みなさまお疲れ様です。 少しずつコロナによる自粛をやめて営業を始めるお店が出てきましたね。 僕ももしかしたら月末までではなく、それよりも早く仕事に復帰する可能性が出てきました。 自粛中は本当に何もできない状態でしたから、24時間の中でどこでも筋トレをやるチャンスを探すことが出来ました。 自粛明けは以前より精神面で疲れが出やすいはずですので、休み中にやっていたメニューをこなせない方も出てくるかと思い […]

どこからがオーバートレーニング?

みなさまお疲れ様です。 ずっと外出自粛中なので普段のトレーニングのほかに、勝手にひとりで腕立て伏せ500回とか、それでも時間が余るのでスクワット250回とかやってみました。そこで起きた体の異変とは・・・? 意外なものでした。 世間でいうトレーニングの常識がどの程度本当なのか、今まで全力で試したことがなかったので、多く話題に上がるオーバートレーニングについて自分の体で実験しました。 もちろん一流のア […]

筋トレする意味が分からなくなったら?

みなさまお疲れ様です。 新型コロナウイルス蔓延による影響で、僕の職場も休業になっています。 ほとんど外出をしていないので、家の中で筋トレするくらいしかやることがありません(;´・ω・)笑 今自重でやっているメニューが ・腕立て伏せ 25回×10セット ・フルスクワット 20回×10セット ・懸垂 15回×10セット(慣れてきたのでこれだけ数キロ荷重します) ・リスト強化 片手40回×10セットを両 […]

年齢を重ねた後のトレーニング法

みなさまお疲れ様です。 自粛期間中、どう過ごされているでしょうか? 運動不足の解消のために筋トレされたり、人がいない時間にランニングをされてる方が多いと聞きます。 今回もトレーニング法についてのお話になります。 前回の「(限界回数÷2)×3セット法」はかなり好評でした。1セットごとに無理に追い込まなくてもいいこと、インターバルの取り方が明確なのがいいのかなと思います。要は気持ちの問題ではなく、シス […]

自重トレのレップ数を上げる方法

みなさまお疲れ様です。 多くの方が外出自粛で家の中にこもりきりになっていますね。 運動不足にならないように何かしら筋トレしようと考えている方の為に、いいトレーニング法があるのでシェアします。 先にお断りしておきますと、今回ご紹介するトレーニング法は筋肥大目的(体をゴツくすること)ではありません。 単純に回数を更新する達成感を味わうためのものであり、どちらかというと筋持久力を向上させるものになります […]

今から治安の悪化に備えよう

みなさまお疲れ様です。 新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。 公表で日本国内での感染者数が1万人を超えました。と、いうことはすでに無症状者を合わせれば5万人くらい感染しているかもしれませんね。 オリンピック延期確定後とはいえ、検査を渋られているのは相変わらずのようなので実際はもっと悲惨な状態になっているでしょう。 <参考><検査拒否されたよ>新型コロナ対策 前回の記事で今後空前の就職難にな […]

スポーツや表現の達人の身体感覚

みなさまお疲れ様です。 ついに緊急事態宣言が発令されました。ただ、やはりロックダウンにはなりませんでしたね。 結局県をまたぐ移動に規制がないため、緊急事態宣言の対象外の場所に人が流入するという滑稽なことになっています。 僕のいる名古屋にも、東京に系列店を持つホストのグループが大挙して押し寄せようとしていました。 高須クリニックの高須先生がこの件で厳しく非難していましたが、結局合同営業するんだろうか […]

筋トレ:細かい分割法をお勧めしない理由

みなさまお疲れ様です。 コロナの被害が毎日どんどん増えていっていますが、まだ収束する気配はありません。 今判明している段階(4月1日時点)でPCR検査実施数(空港検疫など含む)が34,508人、うち陽性の方が2178人だそうです。 んまぁ、実際にはこんなもんじゃないでしょう。 もう陽性の人1万人は超えてると思いますよ。今でも普通に県をまたいで仕事に行く人が山ほどいるんだから。 この状況で全世帯マス […]

ナメられたくないならここを鍛えよう

みなさまお疲れ様です。 発達障害当事者の方はほぼ経験あるかと思います、いじめや恐喝にあったことのある人のために書きます。 以前の記事でも触れましたが、僕個人の意見としては発達障害の方は、格闘技を習っていじめを克服しようとするのはオススメしません。 <参考><第24回目>発達障害当事者のいじめ克服に、格闘技は向いてない 理由も幾たびか書きましたが、往々にしてやりすぎてしまう可能性が高いからです。感情 […]

1 5