就職活動

3/3ページ

<第74回目>質問箱より:嫌いな上司を好きになるには?

みなさまお疲れ様です。 つい最近Twitterで質問箱を設置したら、いろんなご質問をいただけてとても感謝しています。 一言で答えられるものもあれば、誤解の無いようなるべく丁寧にお答えしたいなというものもあります。もしかしたらそこまで本気で聞いてらっしゃらないかもですが、基本的に僕のアカウントをフォローしてくださる方は真剣に悩んでる方が多いので、本気の前提でお答えします。 今回は頂いたご質問の中から […]

<第71回目>学生の発達障害グレーゾーンの方は、とにかくバイトしたほうがいい

みなさまお疲れ様です。 最近「好きなことで生きていく」という言葉が10代、20代の若者の心をぐっと掴んでいるようです。 僕も基本的には賛成です。仕事の種類も多様化していますし、今までにない仕事を作り出せる環境が整ってきています。 多くのYouTuberで活躍されている方も、「学生時代にアルバイトなんかしてないで、貴重な10代の時間は、自分の興味あることに没頭して将来の仕事につながるようなことを探せ […]

<第59回目>ADHDの方の金銭管理

みなさまお疲れ様です。 発達障害のカテゴリーの中でも意外と見過ごされがちで実はすごく深刻な問題が、ADHDの方の金銭管理です。 特に積極奇異型や、不注意優勢型の傾向が強い方は心当たりがあるかもしれませんが、要は金遣いが荒い人が結構多いです。 財布にあればあるだけ使ってしまうし、ATMは持ち運べない財布くらいにしか思っていない場合があり、足りなくなるとすぐ下ろして使ってしまったりします。 これはAD […]

<第55回目>HSPとADHDの掛け算:仕事の優先順位が立てられない時は?

みなさまお疲れ様です。 おそらくこのブログを読んでくださる方は、発達障害のほかにもHSP(非常に繊細な人)の気質を持つ方が多いのではと勝手に想像しております。 HSPとは、Highly Sensitive Personの文字通り、通常の方よりもずっと五感が敏感で、その敏感さが原因で日常生活で生きにくさを感じている方のことを指します。 例えば、 ・机の棚を閉める音や、荷物を置くときの力加減、「おはよ […]

<第47回目>発達障害の当事者は、意外と面接苦手じゃない

みなさまお疲れ様です。 最近発達障害という言葉はニュースでちょいちょい見かけるようになりました。 定型発達の人たちも「大体こういう人たちのことをいうんだろう」というのがわかるようになってきたのかもしれません。 他人とうまくコミュニケーションが取れないとか、場違いな発言をするとか、変なこだわりがあるとか、そのくらいの認識は持ってくれているようです。 しかし、実際はもう少しややこしいんですよね。 例え […]

<第46回目>ただ「普通」になりたい:歴史上の天才を引き合いに出しても意味がない

みなさまお疲れ様です。 最近いろんな芸能人が発達障害を告白していて、世間に認知されるようになってきていますね。たしかにそのことはいいことなのですが、僕としては違和感を感じることも正直多くなってきています。 芸能人で発達障害をカミングアウトしている方は、そもそも先に有名になっていることが多いです。すでに自分の持っている得意分野を社会で活かす方法を見つけた人たちです。 そういう人たちがしてきた具体的な […]

<第42回目>WP版初の記事:勝間和代さんのADHDカミングアウト

みなさまお疲れ様です。 長いことご無沙汰しておりました。過去の記事の移植のみで新しい情報を発信できていなくてすみません。 本日から新しい記事を更新していきます。 みなさまは勝間和代さんという方をご存知でしょうか? 慶應義塾大学、早稲田大学大学院を経て、アーサーアンダーセンやマッキンゼーの経営コンサルタント、JPモルガン証券のアナリストなどを経験された「超」が付くほどのエリートです。 ネットではどう […]

<第23回目>職場選びで重要なこと

みなさま、お疲れ様です。 最近あっついですね・・・(;´・ω・)通勤でエネルギーをだいぶ持ってかれる毎日です(;^ω^) 今回は主に学生さん、フリーターの方向けです。 このブログを読んでくださっている方は、主に発達障害、それに伴う鬱などの二次障害を持った方だと思います。おそらくアルバイトなどの職場でも相当な苦労をされていることと思います。 僕も、大学時代は本当に悲惨でした。 仕事を全く覚えられず、 […]

1 3