<第45回目>ADHDの方向け、使いやすいリュックサック

<第45回目>ADHDの方向け、使いやすいリュックサック

みなさまお疲れ様です。

ADHDの方あるあるなんですが、カバンの奥底に謎の紙のきれっぱしとかよく入ってませんか?くっちゃくちゃに折れたやつとか?

僕もまさにそれで、学生時代は一年前の小テストとかたまに発掘したりしていました。

なんでこういうことが起きるのかという原因はいろいろあるのですが、小学校から大学くらいまでの間はそれで困ることがないから、というのが大きいからかもしれません。

重要度の低いものは片付ける前に頭の中から完全に排除してしまうので、そのまま放っておくことになるのです。

この癖は結構曲者で、将来になって本当に苦労します。

僕が銀行に勤めていたころは大変でした。顧客資料はまだ電子化を進めている最中で、一つの取引先ごとに百科事典のような資料がバインダーに挟まれていました。

持ち帰っていい資料の中でも、顧客向けに配る業界報のプリントや金融商品のチラシが環境破壊だろっていうレベルでたくさんあるので、リュックの中はカオスになっていました。

ただでさえ自分の荷物には銀行業務検定の教科書や問題集、ノートなどが入っているので、プリントなんてぐっしゃぐしゃでした。

ボールペンはいつのまにかペンケースから旅に出て、毎回リュックの底をごそごそ探すことになってしまっていました。

学生時代はそのくらいで困ることはありませんが、社会人になると仕事の資料の整理は非常に重要になります。ただ見た目を片付けるだけでなく、どの情報がどこにしまってあるかをすぐに探せることが重要になります。

要は、情報の検索性の高さが命になるのです。

このことは、早い段階で身につけさせるか、身をもってそれが出来ないことの怖さを学生のうちからアルバイトなどで学習させた方がいいと思います。

もちろん、後者のように怒られながら実戦で学ぶよりは、小学校から習慣づけるほうが明らかに安全です。

今回はその習慣を身につけられるような、とてもいいアイテムを見つけたのでご紹介します。

https://www.felissimo.co.jp/ccp/wk47346/gcd474885/

このリュックサックめっちゃいいと思います。

一つひとつ、メッシュでどこに何を入れたかがわかりやすくなっているので、貴重品や文房具が旅に出る可能性は結構低めることが出来ると思います。

財布や貴重品類も場所をきちんと決めれば、レジやATMでもたつくこともなくなるでしょう。

もしよければリンク先のページをご覧になってください。デザインもスタイリッシュですし、値段も3000円くらいなので、その辺のリュックサックを買うよりいいと思います。

これからも皆さんにとって有益な情報をどんどん提供していきます。

応援よろしくお願いいたします!


発達障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村