<検査拒否されたよ>新型コロナ対策

<検査拒否されたよ>新型コロナ対策

みなさまお疲れ様です。

結局、僕の謎の微熱の正体は分からないまま、体調が回復してきています。

昨日も内科のお医者さまに診てもらい、コロナの可能性も考慮し隔離されたうえでレントゲンを撮ったりして、肺炎の徴候がないか確認してもらいましたが、とりあえず問題はありませんでした。

先生から保健センターにPCR検査の紹介状を書いていただけないかお願いしたのですが、やはり僕は症状はコロナと似ているけれど、検査項目に該当しないため紹介はできないと言われました。

検査項目とは

37.5度以上の微熱が4日以上続いていること

②直近で海外渡航歴があること

陽性と判断された人との濃厚接触があること

(②と③はどちらかでいいと思います。)

に厳格に該当していなければ、まず検査は受けられません。

例えば、37.5度以上というのは、平熱が35度台の低い人でも一律(医師談)です。平熱が低い人は分かると思いますが、37度にギリギリ到達していなくても、風邪のようなしんどい状態になることはよくあります。それでも検査項目には該当しないので、受けることはできません。

また昨日の記事にも書きましたが、少なくとも名古屋市の保健センターは、陽性の人と濃厚接触があったことを明確に説明できないとまず検査は受けられません。もしくは、直近で海外渡航歴があること。このどちらかがないと無理です。

僕のような接客業で不特定多数の人と接触があっても、陽性の人がいたかどうかなんて確かめようがないのに、検査はできないと言われました。困ったもんだ。

僕は自己申告で会社に症状を申し出て休職し、病院に行くとき以外家に完全にこもっていましたが、世の中の人すべてがそういうわけにはいかないでしょう。

こんなやり方をしていては感染爆発も時間の問題かと思いますけどねぇ…(;´・ω・)

強行開催されたK-1 の観客の中に発熱があり検査が行われているとのことですが、どうやって検査にこぎつけたのか不思議で仕方ありません。

 

ここで注意したいのが、検査項目に該当しないというのは、コロナではないということと同義ではありません。

同じコロナの感染者でも、体力のある健康な20代の人と、80代の既往症のある人では優先順位が違います。

意図の勘繰り過ぎはいけませんが、公的な数字として感染者や死者が増えてしまうことがあっては困る人たちがいますよね。

オリンピックも近いしね。どうなるかわからないけど。

 

今日の本題は、コロナに似た症状でかつPCR検査を受けられない方、もしくは風邪のような症状を予防するにはどうしたらいいかを書きますね。まぁ反面教師だと思って聞いてください(;´Д`)

①免疫力を下げるようなことを控える

僕の場合、腕相撲の昇段試験が近くなってきているので、体調不良になる前日に懸垂を300回ほどやっていました(;’∀’)

他にも腕の筋トレをやったりいろいろ体に負荷をかけたので、一時的にかなり免疫力が落ちてしまっていた可能性が高いです。

普段筋トレされている方は、コロナが収束に向かうまではあまり無理しないほうが良いでしょう。特にマラソンや足トレなど、回復に時間がかかるトレーニングは、代替運動を探したほうがいいと思います。腕立て伏せやバーピーなど、家で出来て負荷も調整しやすいものにしたほうがいいと思います。

 

②免疫力を高める食品を多く食べる

僕が仮にコロナでなく他の何かだったとしても、ある程度軽症のままで済んでるのは、普段からビタミンやヨーグルトを摂っているからだと思います。免疫力を高めるのに重要なビタミン類を参考に貼っておきます。

↓まずはビタミンC。

DHC ビタミンC(ハードカプセル)徳用90日分

新品価格
¥559から
(2020/3/24 21:35時点)

大塚製薬 ネイチャーメイド C1000mg 200粒

新品価格
¥980から
(2020/3/24 21:36時点)

↓次にビタミンA

天然ビタミンA 30日分

新品価格
¥1,350から
(2020/3/24 21:37時点)

ビタミンCは、摂りすぎても基本的に尿で排出されるので、多めに摂っても問題ありません。特に風邪っぽいなど体調がすぐれない時は、二時間おきに1000~2000mgずつ、一日5回くらい摂っても全然大丈夫です。

ビタミンAは摂りすぎると良くないので、用法用量は指示通りにしたほうがいいかもしれません。(僕はそれでも倍近く飲んでますが(;’∀’)(笑))

あとは、ヨーグルトや漬物、酪酸菌のサプリなどもオススメです。

 

③体温を上げる(下げない)

これは僕自身の反省点なのですが…僕は筋トレをよくやるので家でも常に半袖半ズボンでした。免疫力が落ちている状態では特に危険ですので、もし同じような恰好をしている人は、たとえ暑苦しくてもきちんと暖かい恰好にしてください。この三番目が一番簡単で効果的です。

体温を上げるには、もちろん着込むのもいいですし、お腹や首など冷えると体温に直結しやすいところを重点的に温めてもいいですね。

あとは生姜湯を飲むのもいいです。白湯でもいいのですが、生姜湯はとろみがあるので飲み込んでからも中から体を温めてくれます。

自然王国 生しぼりしょうが湯 18g×20袋

新品価格
¥585から
(2020/3/24 21:48時点)

とりあえず薬局などでも簡単に手に入るものをリストアップしました。おそらくですが、コロナの検査が簡単に受けられないと知れ渡ると、次は予防のための食品が品薄、もしくは値上がりになっていくと考えられます。今のうちに買いだめしたほうがいいかもしれませんね。

これからも皆さんにとって有益な情報をどんどん提供していきます。

応援よろしくお願いいたします!


発達障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村