異常なほど怒りが収まらないときは?

異常なほど怒りが収まらないときは?

みなさまお疲れ様です。

ぶさえもんです。生きてます!(笑)

緊急事態が解除されてから急に仕事が再開して、メチャクチャ忙しくなってしまったのでなかなか更新できず(;´Д`)

ランキングのお礼周りだけはなるべくしっかりやるようにしていたのですが、自分の記事を書く余裕がありませんでした💦

もともと乏しい文章力がさらに落ちていないことを祈りますw

今日の本題。

今回は自分で試してみたシリーズ。

程度の差こそあれ、誰にでも感情をコントロールできない時はありますよね。

僕も接客業ですし普通にあります。

忙しい時にあちこちから緊急の用件を頼まれたり、理不尽なクレームを言われたりとかね。

この前はうちの会社にいたずらで放火未遂した奴がいたので、とっ捕まえてガチでキレました。

みなさまも日々いろんなストレスにさらされて、時には感情を解放するべきでないときに爆発させてしまうこと、あると思います。

問題は怒ってしまうことではなく、モノや人に当たってしまったり、露骨に態度や顔に出てしまうことです。

僕はモノに当たることは一切しませんが、もともと表情が乏しいのもあって、イラっとすると周囲がはっきりわかってしまうくらいムッとしてしまうときがあります。

自分でも分かってはいたし、いろんなライフハックを試してみたのですが、精神的に疲れていたりするといつも以上に沸点が低くなってしまうことがありました。

呼吸法だとか、ストレス発散の筋トレだとか、サプリメントとか考えられるものはほぼ試してみたのですがはっきり効果は分からず(;´Д`)

筋トレはストレス発散には非常にいいですが、その場で起きた怒りをすぐ昇華することはできませんよね。

※実際、筋トレをやり込んでいる人がみな人格者かというとそうでもありません。タレントの小島瑠璃子さんが「格闘技やコンタクトスポーツやってるわけでもないのに筋トレする人の意味が分からない」という趣旨の発言に対して、怒って過剰に反応したトレーニーやYoutuberが実際たくさんいましたし。気にしなければいいのに…(;´・ω・)

また、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という抗うつ剤も個人輸入して試してみたのですが、怒りに効くかというと僕には微妙でした。抗うつ剤は良くも悪くも感覚が鈍くなるので、社会不安や対人恐怖などは和らぐかもしれませんが、普段の仕事でぼーっとして優先順位をつけられなくなるなど、デメリットも強く感じました。

 

自分なりにいろいろ調べて試してみた結果、冒頭のメンタリストDaigoさんの動画がもっとも効果があると感じました。

先にお断りしておきますが、彼が勧めているのは頭痛薬として有名なアスピリンです。当然サプリメントではなく薬なので、処方を無視した過剰な摂取や、メンタルのお守りのように飲むのは絶対に良くありません。Daigoさんもそこはきちんと注意喚起していますが、気を付けるようにしてください。

 

彼が動画でも述べていますが、怒りっぽい人の脳は一種の「炎症状態」にあるそうです。

この炎症というのが、医学的に多くのエビデンスがあるのかちょっと怪しい部分もありますが、僕も個人的にはこの話に賛成します。脳炎のようなものとは違うのでしょうが、以前から僕も神経(いわゆる気)を使いすぎることによるなんらかの炎症が起きている可能性はあるんじゃないかなと薄々感じていました。

例えばですが、目を使いすぎれば目の中の血管が膨張して炎症を起こすこともありますよね。全く同じように、発達障害の当事者の方のような必要以上に気を使ったりしてエネルギーを無駄遣いする人たちにとっては、常に神経の使いすぎで炎症を起こしているという状態になっていてもおかしくないと思います。

僕もこの動画に関しては試してみる価値があると思ったので、実際に精神疲労が溜まったときにアスピリンを飲んでみました。

 

もちろん劇的に疲れが取れるとかそんな変な効果はありませんが、たしかにイライラすることは明らかに減ったように思います。

もしかしたらたまたまイライラする事象に当たっていないのか、そもそも気づいていないのか色々あるかもしれませんが、自分の実感として必要以上にイライラしたり、それが持続することは無くなったように思います。

薬がイライラそのものを抑えているのか、神経の炎症が回復することで、イライラするものにいちいち注意が行かないように脳が自然とコントロールできているのかははっきりしませんが、僕にとってはかなり重宝しています。

 

ただし、だからといってみなさまにイライラしたらすぐこれ飲め!!とも言いません。

あくまで薬なので、僕の中でも使用する際は一定のラインがあります。

・特にイライラしていないのに前もって飲んだりしない。(お守り服用はダメ)

・精神疲労が溜まっている場合のみ使用する(筋トレの筋肉痛など、関係ない痛みや疲労に使用しない)

・精神疲労が溜まっているとは、具体的に対人関係に疲れて知恵熱が出た時や、動いてないのに眠気が強い時

 

などといったルールを自分で決めて守れる方なら試してみてもいいのではないでしょうか?

今回は医薬品ですので、広告はアマゾンアソシエイトから貼れますが、あえて貼りません。もし試す方は自分の判断力と相談して試すようにしてください。

少なくとも僕には効果がありました。

これからも皆さんにとって有益な情報をどんどん提供していきます。

応援よろしくお願いいたします!


発達障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村